adidas YEEZY 500 UTILITY BLACKの所有者レビュー【サイズ感、履き心地など】

みんなに記事をシェアする

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

2018/7/7(土)に発売されたadidas YEEZY 500 UTILITY BLACK(アディダス・イージー・500・ユーティリティ・ブラック)の所有者レビューとなります。アディダス直営店のWEB抽選応募で初めて当選して、アディダス・ブランドコアストア・新宿店で購入しました。購入記録、360度アングル、履き心地、サイズ感(YEEZY 500は小さめ)などが掲載されています。adidas YEEZY 500 UTILITY BLACKの詳細情報は「YEEZY 500 UTILITY BLACKが7/7に国内発売予定【抽選応募方法を随時更新中】」で確認することが出来ます。adidas YEEZY 500を購入時、少しでも参考になれば幸いです。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas YEEZY 500 UTILITY BLACKのレビュー

スペック情報

モデル名:adidas YEEZY 500 UTILITY BLACK
カラー:Utility Black/Utility Black
品番:F36640
重さ:450g 片足 27.5cm
生産国:インド
販売価格:27,000円(税込) $200
販売日付:2018/7/7(土)

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

購入記録

7/2(月)18:00にアディダスオリジナルス公式ブログで抽選販売が開始されて、すぐに応募しました。7/6(金)12:00頃に当選メールを受信することが出来ました。アディダス直営店のWEB抽選応募で初めて当選したので、とても嬉しかったです。7/7(土)の午後にアディダス・ブランドコアストア・新宿店に受け取りに行きました。1階のカウンターのスタッフに当選メールを見せると「3階で受け取ることが出来ます」と言われたので、3階で当選メールと運転免許証を見せた後、購入することが出来ました。ちなみに、アディダス直営店以外の取扱店舗でも応募しましたが、すべて外れました。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

シューズケース

YEEZY BOOST 350 V2と同じ引き出し式のシューズケースです。大きな500の数字がプリントされています。国内正規品を証明するタグと包み紙が付属します。つま先の型崩れ防止用の丸まった紙は付属しません。BOOSTフォーム未搭載のモデルなので、シューズケースの側面にBOOSTの文字はプリントされていないです。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

360度アングル

異なる複数の素材を組み合わせたアッパーが、とても凝っていると思いました。ザラザラしたスウェード、サラサラしたスウェード、スムースレザー、シワ感のあるレザー、メッシュナイロン、スムースナイロン、リフレクティブ素材などでアッパーが構成されています。
1990年代後半に発売されたアディダスのバスケットボールシューズ「EQT KB8 3」に搭載されたツイストしたアウトソールが、ほぼそのまま使用されています。※人の顔の形をしたロゴが、アディダスのパフォーマンスロゴに変更されています。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

ツイストした後ろ姿は見慣れないと奇妙でありますが、見慣れてくると怪獣のスリッパのようでかっこいいと思いました。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

ADIPRENE(アディプリン)というadidas独自の衝撃吸収性に優れた素材がソールパーツに使用されています。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

スタンスミスなどで使用されている「Ortholite」という商標の中敷きが使用されています。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

生産国は「インド」です。個人的にはあまり見た記録のない生産国でした。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

つま先にアディダスのパフォーマンスロゴが印字されています。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

シンプソンズのバートのような「人の顔」から「パフォーマンスロゴ」に変更されています。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

履き心地と率直な感想

購入して3~4日履いた後の感想ですが、BOOSTフォーム未搭載のモデルなので弾むような履き心地はしないです。ツイストしたアウトソールの着地面積が広いので、走行中の電車内で安定して立つことが出来ます。アッパー、シュータンが厚めの作りなので、靴紐をキュっと締めると適度なフィット感を得ることが出来ます。ショッピングや旅行などで履くのに最適な、タウンユース向けのスニーカーだと思いました。
KANYE WESTとアディダスがタッグを組んで展開するブランド「YEEZY」のアイテムと相性が良いモデルだと思いました。ハードウォッシュ加工、オーバーダイド加工、ダメージ加工が施されたアイテム、本格的なミリタリーウェアから着想を得た迷彩柄のアイテム、KANYE WESTがよく履いているスウェットパンツなどで構成された「荒廃したコーディネート」と相性が良いと思います。KANYE WESTが公開したアトリエ画像から推測すると、ワントーンカラーのニューモデルが複数発売予定です。

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707-review

kanye-west-yeezy-new-model-line-up

kanye-west-yeezy-new-model-line-up

adidas YEEZY 500 UTILITY BLACKと他のモデルとのサイズ感の比較

YEEZY 500のサイズ感ですが小さめです。具体的には、つま先がスウェード素材になっているので、伸縮性がほとんど無いです。厚みがあるアッパーとシュータンなので内部の作りは小さめです。シュータンの側面に本体と結合するストレッチパーツが付いているので、フィット感は良いですが横幅は狭めの印象がしました。丸みを帯びたヒールパーツなので、かかとのフィット感はとても良いです。マイサイズは27.0cmですが、YEEZY 500は27.5cmでジャストサイズでした。YEEZY BOOST 350 V2と同じサイズを選択すると、サイズ誤りを未然に防ぐことが出来ると思います。
【参考サイズ対比表】AIR JORDAN 1 27.0 ≒ AIR FORCE 1 LOW 27.0 > AIR MAX 1 27.0 > Yeezy Boost 350 27.0 > Ultra Boost 27.0 ≒ Yeezy Boost 500 27.5 ≒ Yeezy Boost 350 V2 27.5 > OLDSKOOL 27.0 > AIR VAPORMAX 27.0 > DUNK SB LOW 27.0

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707

adidas-yeezy-500-utility-black-f36640-release-20180707

商品情報
product image
おすすめ度:
1star1star1star1star1star
みんなの評価:
4 based on 8 votes
ブランド名:
adidas
商品名:
YEEZY 500 UTILITY BLACK
販売価格:
JPY 27000
スポンサーリンク

みんなに記事をシェアする

フォローして最新記事をチェックする

adidas YEEZY 500 UTILITY BLACKの所有者レビュー【サイズ感、履き心地など】
最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!

トップへ戻る