C.E 国内初の旗艦店が南青山のみゆき通りに9/3オープン

みんなに記事をシェアする

ce-cav-empt-flagshop-open-aoyama-20160903
ce-cav-empt-flagshop-open-aoyama-20160903
マルチグラフィックデザイナーのSKATE THING(スケートシング)がデザイナーを務める「C.E(シーイー)」国内初の旗艦店が南青山みゆき通りに9/3(土)にオープンします。みゆき通りはCOMME des GARCONSの青山本店、PRADA青山店がある通りです。オープン当日、店舗限定Tシャツが1型、ロングスリーブTシャツが2型、合計3型のアイテムが発売されます。GR8、ドーバーストリートマーケットギンザ、ユナイテッドアローズ、全国のセレクトショップ、C.Eの公式オンラインショップなどで販売されていましたが、今回の店舗がブランド初の直営店となります。C.Eの歴代全コレクションは「スケートシングが手がけるC.E CAV EMPTがかっこいい件について」で確認することが出来ます。【更新情報】オープン当日、お店に行って来ました。旗艦店だけあってC.Eのフルコレクションが揃っていました。また、店内が薄暗くてこじんまりとしていました。

店舗名:C.E(シー・イー)
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-3-10 From 1st 201
店舗名:03-6712-6688
営業時間:12時 – 20時

SKATE THING(スケートシング)について

本名は中村 晋一郎(なかむら しんいちろう)。東京都大田区大森出身。日本を代表するマルチグラフィックデザイナーです。裏原宿系ブランド「GOOD ENOUGH」「A BATHING APE」「UNDERCOVER」「WTAPS」「BILLIONAIRE BOYS CLUB」などのグラフィックデザインを担当しています。
ce-cav-empt-flagshop-open-aoyama-20160903

ブランド名「CAV EMPT」の由来

2012年春夏からSKATE THING(スケートシング)、トビー・ブレインウォッシュ、サイキック・ヒシ・マウンテンが設立したストリートブランド。ブランド名「CAV EMPT(キャブ・エンプト)」の由来は、アメリカのSF作家「Philip Kindred Dick(フィリップ・キンドレド・ディック)」が1969年に発表した著書「Ubik(ユービック )」の登場人物のタトゥーです。因みにPhilip Kindred Dickは、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?→[映画]ブレードランナー」「追憶売ります→[映画]トータル・リコール」「少数報告→[映画]マイノリティ・リポート」など数多くのSF小説を世に残した有名なSF作家です。

スポンサーリンク

みんなに記事をシェアする

フォローして最新記事をチェックする

C.E 国内初の旗艦店が南青山のみゆき通りに9/3オープン
最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!