【ショップナビ】藤原ヒロシが手掛けるザ・パーキング銀座へ行ってきた!

みんなに記事をシェアする

parking_1

銀座ソニービルの地下4階にある駐車場をテーマにした店舗

90年代のストリートカルチャーにどっぷりハマった私にとって、とても影響受けた藤原ヒロシがプロデュースする店舗となっています。青山にあったザ・プールと同様、アパレル大手企業のジュングループとタッグを組んだ店舗となっています。

地下3Fはグリルトーストを提供するカフェとレコードショップ

地下3Fはグリルトーストを提供するカフェ「カフェ ド ロペ銀座(Cafe de Rope GINZA)」となっています。防災上本格的な料理を出すのが難しく、グリルトーストを提供する店舗体型になったようです。ソニービルに入ることなく、銀座の地下道から直接入れる店舗となっています。

parking_9
代官山に本店がある老舗レコードショップ「ボンジュールレコード」が、カフェに隣接しています。カセットテープを多く揃えた店舗コンセプトなので、沢山のカセットテープが販売されていました。他にはボンジュールレコードオリジナルTシャツ、PINTRILLのバッジ、注目のアーティスト「カリ・ソーンヒル・デウィット」のトートバッグなどが販売されていました。カニエ・ウエストの「The Life of Pablo」アートデザインを手掛けた独自のデザインがかっこ良かったので「カリ・ソーンヒル・デウィット」のトートバッグを購入しました。「カリ・ソーンヒル・デウィット」デザインはストリートを席巻する注目のデザインです。

parking_10 1-cali-thornhill-dewitt

via pic tumblr

地下4Fは広大な面積の店舗フロア

地下3Fから螺旋状の階段を下ると「THE PARK・ING GINZA」となります。まず1番始めにとても広い店舗だと思いました。ソニービルのワンフロア全体が店舗となっています(地下3階は半分だけが店舗、地下4階はワンフロア全体が店舗)。壁・床・天井などの壁材を荒く取り払ったスケルトンデザインとなっているので、店舗の広さを更に際立たせています。2番目に感じたのがかっこいい店内サウンドです。80sディスコ・ミュージックをリミックスしたクラブサウンドが流れていて、とてもカッコ良かったです。広い店舗に反響する低音のビートサウンドがとても心地良い気分にさせてくれました。ちなみにかかっていたのは、世界的に有名なDJ「HORSE MEAT DISCO」のミックスCD「Horse Meat Disco 2 (Dlcd)」でした。

parking_2

類を見ない特徴的な商品ディスプレイ

レジが駐車場の出入り口に設置されている料金ボックスをイメージしたデザインとなっていたり、商品タグが駐車券をイメージした作りになっていたり、商品ディスプレイ用ラックがバックヤードで使用する使い古された在庫ラックになっていたりして、今まで見たことのない商品ディスプレイでした。

parking_6 parking_8

藤原ヒロシがセレクトしたブランドラインナップ

藤原ヒロシがセレクトしたブランドが数多くラインナップされていました。「THE PARK・ING GINZA」のオリジナルアイテム、フラグメントデザインのアイテム、ソニービル内に店舗を構えているのでソニーとコラボしたパーカーやTシャツ、ナイキの最新フットウェア、サンダーマーク入りのヴァンキッシュとのコラボデニムライン「DENIM BY」、期間限定の小木“Poggy”基史のオリジナルブランドのPOP UP SHOP、Wtapsの西山徹が手掛ける「No.813」、フレグランスブランドの「retaw」、あとは「1984」などがラインナップされています。4月上旬に初めて行った時は、ヴァージル・アブローが手掛ける「OFF-WHITE」とのコラボレーションアイテムがありました。

parking_3 parking_4 parking_5 parking_6 parking_7

全体的な商品ラインナップを総括すると、藤原ヒロシが良くやるストリートデザイン(ロゴがプリントされたパーカー×サンダーマーク入りのデニムパンツ×ナイキの希少性の高いスニーカー)と藤原ヒロシが着ていそうなゆったりとしたシルエットのアイテムが数多くラインナップされています。藤原ヒロシのようなスタイルが好きな人にとっては、あれもこれも欲しくなる注目の店舗だと思います。

MG_3725-864x1080

via pic ringofcolour

まとめ

原宿(レディーメイド)→青山(ザ・プール)→銀座(ザ・パーキング)と次々と店舗をオープンさせてきた藤原ヒロシの活動の軌跡を垣間見ることが出来る店舗となっています。藤原ヒロシを持ち上げるつもりはございませんが、パンクとヒップホップとスケーターをミックスしたベースデザインをほとんど変えることなく、20年以上にわたってストリートのアイコンとしてムーブメントを生み出してきた才能は、唯一無二の感性があってこそだと思いました。銀座に行ったら一度は訪れたい注目のショップとなっていますので、伺ってみてはいかがでしょうか?

THE PARK・ING GINZA
東京都中央区銀座5-3-1 ソニービルB3F
11:00~21:00 | 不定休
TEL:03-6280-6885

via THE PARK・ING GINZA

スポンサーリンク

みんなに記事をシェアする

フォローして最新記事をチェックする

【ショップナビ】藤原ヒロシが手掛けるザ・パーキング銀座へ行ってきた!
最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!